◆◆◇━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━◇◆◆
 
           JCA コーチングニュース
                       【Vol.219】2020.9.23
 
 ◆◆◇━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━◇◆◆
 
         ●━  I N D E X ━●
 
 □ チームマネジメントに活用できる「物語」とは?
 □ チャプターイベント情報
 
 ━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
    チームマネジメントに活用できる「物語」とは?                   
 ━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
 
  みなさんはご自身のチームにおいて、チームメンバーとどんな「物語」を
 共有できていますか?
 
 これは現代におけるチームマネジメントの話ですが、実は我々人類(ホモ・
 サピエンス)が今日まで生き残った理由とも、関連があるようです。
 
 
 『サピエンス全史』(著者ユヴァル・ノア・ハラリ)という本の中で、我々
 ホモ・サピエンスが現在のように地球を席捲するまで繁栄した理由が述べら
 れています。
 
 ホモ・サピエンス以外にも、ホモ・エレクトス、ホモ・ネアンデルターレン
 シス等々各種の人類がかつては存在していました。しかし、我々ホモ・サピ
 エンスは他人類に比べて、力も、そして驚くべきことに知能も(!)劣って
 いたようです。そんなホモ・サピエンスがなぜ生き残れたか。それは他人類
 と比べて圧倒的に規模の大きい集団を形成できたから、だそうです。他人類
 は数十人から百人程の集団であったところが、ホモ・サピエンスは数百、数
 千、数万の集団を形成し、数の力で他人類を圧倒、駆逐していくことができ
 ました。
 
 
 では、なぜ、ホモ・サピエンスだけが圧倒的に巨大な集団を形成できたのか。
 
 『サピエンス全史』著者のユヴァル氏は、ホモ・サピエンスは「虚構」を信
 じる事ができたからだと主張します。「虚構」とは、例えば、「我々は狼の
 守護霊を持つ集団である」、「我々は同じ部族である」というような、自然
 界に元々あるわけではない架空の事物のことを指します。我々ホモ・サピエ
 ンスは、この「虚構」を信じ、語ることができる、唯一の地球上の生き物で
 す。そして、現代においては、「お金」、「法律」、「会社」、「役職」、
 「ブランド」、「国」といった「虚構」が極めて効果的に活用されています。
 
 「虚構」という少々刺激的な言葉が使われていますが、この「虚構」のおか
 げで、はじめて我々は互いを良く知らない者同士で、手を取り合い協力する
 ことができます。ここでいう「虚構」は「物語」とも言い換えられるのでは
 ないでしょうか。
 
 
 さて、ここでやっと、冒頭の問いに戻ります。
 
 みなさんはご自身のチームにおいて、チームメンバーとどんな「物語」を共
 有できていますか?
 
 
 このような「物語」に関する問いを、我々がコーチとしてクライアントに問
 い、共に考える中で、新たな「物語」を協創できるのかもしれません。
 
 
  あなたが描く、自分達のチームの「物語」は何でしょうか?
 
 どこから来て、どこに向かうという「物語」を描いていますか?
 
 あなた自身はその「物語」の中で、どんな存在ですか?
 
 部下はあなたのことを、どこに向かおうとしているリーダーだと思っている
 でしょうか?
 
 あなたの部下はどんな「物語」を持っているでしょうか?
 
 あなたは日頃部下の「物語」をどれくらい聞いていますか?
 
 あなたから部下に伝わっていることがあるとしたら、それは何ですか?
 
 あなたが部下に、本当に伝えたいことは何ですか?
 

 我々人類が今日まで繁栄してこれたのは、「物語」を語り共有することがで
 きたから、であるようです。であれば、現在、我々がチームとして前進して
 いくのにも、この「物語」は重要と言えそうです。
 
 
 では、チームにおいて「物語」が共有され、チームメンバーそれぞれにとっ
 て自分のものとなっていく、とはどういうことでしょうか。
 
 そこでは、チームの「物語」を上司が語る、同時に部下がどういう「物語」
 を持っているかを聞く。お互いに語り、お互いに聞くというプロセスを通じ
 て、「物語」の協創が起きるのだと考えます。
 
 チームの部下の「物語」を聞く、ということは、上司にしかできないこと
 とも言えます。
 
 
 「物語」についての問いを投げかけ、共に考える中で、クライアントにしか
 紡ぎえない「物語」創りを支援することが、私達コーチの仕事であるとも言
 えるのではないしょうか。
 
 そしてそれは、我々ホモ・サピエンスの今日までの繁栄を築いた「物語」を
 紡ぎえるという意味で、とても意義深いことのように感じます。
 
 
 日本コーチ協会 会員 
 山田 寛之
 
 
 ━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
        ◆ 日本コーチ協会チャプター情報 ◆
 ━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
 JCAのチャプター一覧はこちら
 http://www.coach.or.jp/chapter/index.html
 
 ------------------------------------------------------------------
 ※「日本コーチ協会チャプター情報」は各チャプターから提供された
  イベント情報をそのまま掲載しております。 
 ------------------------------------------------------------------
 ------------------------------------------------------------------
     ■ 山陰チャプター ■ 6周年記念講演会

    「言いづらいことをサラリと伝える技術」

    ~はっきり言っても嫌われない本音の伝え方~
 ------------------------------------------------------------------
 
 □日 時□ 2020年10月25日(日曜日)13:30~16:30(受付13:00~)
 
 □場 所□ ふれあいの里 1F大会議室
 
        鳥取県米子市錦町1丁目139-3 TEL:0859-23-5491
 
 □参加費□ チャプター会員:1,000円     一般:3,000円
 
 □講 師□ 稲垣 陽子氏
 
        株式会社 コーチング・システムズ 代表取締役
 
        国際コーチング連盟マスター認定コーチ
 
 □申込先□ 日本コーチ協会山陰チャプターまでお申し込みください。
 
  【FAXの場合】 JCA山陰チャプター代表 足立宛までお送りください。
          0859-21-2003 

  【WEBの場合】 山陰チャプターホームページより申し込みください。
          https://jca-sanin.com/ JCA
 
 ------------------------------------------------------------------
 ■北海道チャプター■ 10月例会(第202回)
 ------------------------------------------------------------------ 
 
 □日 時□   10月25日(日)13:00~16:00
 
 □場 所□ ZOOM使用
 
 □参加費□ チャプター会員:1.000円  一般参加:3.000円
 
 □内 容□ 国際コーチ連盟のコンピタンシーをより深く学ぶ
 
      『D学びと結果を促進させる 進捗と説明責任の管理
       進行状況を管理し 責任を明確にする』
 
      講師:宮崎順一(国際コーチ連盟認定MCCコーチ)
 
 □申込先□ チャプター代表 宮崎順一 98dome@syd.odn.ne.jp
 
 http://jcah.moon.bindcloud.jp/
 
 ------------------------------------------------------------------
 ■北海道チャプター■ 10月聴く会 
 ------------------------------------------------------------------
 
 □日 時□ 毎週金曜日 21:00~22:00
 
 □場 所□ ZOOM 使用
 
 □参加費□ チャプター会員無料 (ご入会の上ご参加ください)
 
 □内 容□『セルフケア~自分を演出する服装』
 
 □申込先□ チャプター代表 宮崎順一 98dome@syd.odn.ne.jp
 
 http://jcah.moon.bindcloud.jp/
 
 ------------------------------------------------------------------
 ■北海道チャプター■ 10月セルフィッシュの会
 ------------------------------------------------------------------
 □日 時□ 毎週水曜日 21:00~23:00
 
 □場 所□ ZOOM使用
 
 □参加費□ チャプター会員無料(ご入会の上ご参加ください)
 
 □内 容□ 『セルフィッシュ』(トマス・レナード著)を読みながら
 
 内容の意味の理解を深めていく
 
 講師 宮崎順一(国際コーチ連盟認定MCCコーチ)
 
 □申込先□ チャプター代表 宮崎順一 98dome@syd.odn.ne.jp
 
 http://jcah.moon.bindcloud.jp/
 
 ------------------------------------------------------------------
 ■ 神戸チャプター ■ 
 家族が機能するための「ワンチームコミュニケーション」 
 講師 水谷 朋子 氏(チャプター幹事 ICF国際 ACC)
 ------------------------------------------------------------------
 □日 時□ 2020年10月11日(曜日)10:00~12:00
 □場 所□ ZOOM参加
 □参加費□ チャプター会員: 一般:2 000円
 □内 容□  「家族」とは人が最初に出会う「チーム」です。
       そのチームの中で今何が起こっているのでしょう。
       「安心・安全」の場作りやお互いに大事にしているものを
       知っているでしょうか。家族の歪みは一番弱い者のところに
       襲い掛かります。
       今の「コロナ禍」で家族について一緒に考えてみませんか?
       まずは家族の「不」をなくす所から。
 
 □申込先□神戸チャプター HP
 
 http://www.coach-kobe.com/
 
 ------------------------------------------------------------------
 ■ 群馬チャプター ■ 第4回10月定例勉強会
   ストレングス・ファインダー
 ------------------------------------------------------------------
 □日 時□ 2020年10月24日(土曜日) 13:30~15:30
 □場 所□ ZOOMによるオンライン開催 
 
 □参加費□ チャプター会員:無料 (4チャプター含む)
         一般:  2,000円
 
 □内 容□ 自分の才能の元(思考、感情、行動の特徴)を知り、
 
 資質を活かす。講師 吉岡里栄子                              
 □申込先□ 群馬チャプターホ-ムぺ-ジより
 https://www.gunchap.net/
 
 ------------------------------------------------------------------
 ■ 群馬チャプター ■ 第5回11月定例勉強会
   コーチング道場
 ------------------------------------------------------------------
 □日 時□ 2020年11月20日(金曜日) 20:30~22:00
 □場 所□ ZOOMによるオンライン開催 
 
 □参加費□ チャプター会員:無料 (4チャプター含む)
           一般:  2,000円
 
 □内 容□  自分の強みをさらに磨く   講師 古賀 はじめ
 □申込先□ 群馬チャプターホ-ムぺ-ジより
 https://www.gunchap.net/
 
 
 ◆◆◆――――――――――――――――――――――――――――――
 ◇編集後記◇
 北海道の紅葉も始まり、秋の気配が感じられる季節となりました。
 総会に向けての検討も始まりました。総会についてのお知らせは10月号
 のニュースレターでお知らせ致しますので宜しくお願い致します。
 ――――――――――――――――――――――――――――――◇◆◆
 
 ◆JCAコーチングニュースに関するお問い合わせ 
 info@coach.or.jp
 
 ◆JCAコーチングニュースの登録解除はこちら
 https://www.coach.or.jp/cgi-bin/news/cancel/index.cgi
 
 ◆JCAに入会するには
 http://www.coach.or.jp/join/index.html
 
 【発行】特定非営利活動法人 日本コーチ協会
     〒102-0075 東京都千代田区三番町6番地 三番町KB-6 1階 
 http://www.coach.or.jp/
 ◆◆◇―――――――――――――――――――――――――――◇◆◆
     (C)2018 Japan Coach Association. All rights reserved.