JCA Coaching News
日本コーチ協会
2003年11月11日(火)
http://www.coach.or.jp



『Coaching2003』ご報告 

―◆ 『Coaching2003』ご報告 ◆―

先日11月8日(土)、第5回日本コーチ協会年次大会『Coaching2003』が開催されました。

500名近くの方が参加し、大盛況のうちに終了することができました。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

オープニングでは、日本コーチ協会が、国際コーチ連盟から
正式な資格申請機関として認定を受けたことについて、
国際コーチ連盟ヴァイスプレジデントであるマーガレット・クリグバウム氏と日本コーチ協会専務理事である桜井一紀が、
覚書を交換しました。また、認定アセッサー(試験官)の紹介、
今年国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチを
取得された方の紹介などが行われました。

分科会セッション1では、ゴールドスミス・グループ代表である
デービッド・ゴールドスミス氏による
分科会『コーチング・デモンストレーション』を筆頭に、
8つの分科会に分かれて、進行されました。

ゴールドスミス氏のコーチングは、『無駄がなくスピード感が違う』
『どこまでもプラス志向』『ユーモアたっぷり』という感想が
よせられました。
コーチとしての情熱とパワーが、参加者に伝わったようです。

基調講演は、「コーチングのプロが教える心を動かすリーダーシップ」(日本実業出版社)など数多くのコーチング本の著者である
鈴木義幸氏による基調講演が行われました。

『物語が存在している』、『学習の機会がある』、
『承認し合う風土がある』が、人を動かし、
チームを変えるコーチングには大切なポイントであるという柱で
体験談を交えて講演が行われました。

午後の分科会セッション2でも、8つの分科会が用意されました。
クリグバウム氏の分科会『コーチとしてのコア・コンピテンシーをマスターする』では、ハイ・パフォーマンス・コーチングの目的を
「クライアントが新しいアイデア、より強固な考えを生み出すことができ、そのことを彼ら自身が実行できるよう、サポートする。」とし、そのスキルについてのプレゼンテーションが行われました。

ネットワーキングパーティでは、各地から集まった参加者、
コーチの方々の交流の場となり会場は熱気に溢れていました。

今年もアンケートにおいて、9割以上の方から
「期待に添うものだった」若しくは「期待以上だった」との
ご回答をいただきました。
以下、参加者の方々から寄せられた感想をお届けします。

「本を読むだけではわからない
生の貴重な情報をいただいたと思います。」

「プレゼンターの方々が、固有のコーチングスキル、
経験をオープンに披露していただけて、参考になりました。」

「コーチングが企業の活性化(社員のモチベーションアップ)に
どのように作用するのか基本的なことが
理解できたように思います。」

● 『Coaching2003』へのご感想は、info@coach.or.jpまでお寄せください。


―◆ 2003年コーチング調査速報 ◆―

―コーチは女性が多い。40歳台コーチは男性が多いー
―コーチ本業の割合は増加傾向。
企業に対するコーチングも増加傾向にあり。―

今回は、今年で4回目を迎えるコーチング調査の結果の一部を
お伝えしたいと思います。本調査は2000年より開始された、
日本におけるコーチおよびコーチングに関する最も意義ある
調査のひとつです。その目的は日本のコーチの活動と
その状況を明らかにすることにより、
コーチの社会的意義とその活動を支援していくことにあります。
今年も343名のコーチの方からのご回答をいただきました。
この場をお借りして、ご協力いただいたコーチの方に
厚くお礼申しあげます。
調査は日本コーチ協会のWEB上の質問項目約20問に
お答えいただくスタイルで9月に実施しました。

ご回答いただいたコーチの男女比は『男性39% 女性60%』で
女性の割合が多い結果になっています。
しかし、40歳台での比較では、逆転し、男性が約6割、
女性が4割になっています。
「コーチになった動機や学習動機」に対する複数回答では、
「コーチを職業としたい人」が7割、
「現在の仕事にコーチング技術を活用したい」が5割いました。
また、コーチを本業としていると回答しているコーチは
約26%おり、2001年の18%と比較すると、
ゆるやかな増加傾向が見られます。
コーチとしての活動では、個人を対象としたパーソナルコーチや
企業と法人契約をして有料でコーチングしているコーチが
約6割いました。企業に対するコーチングの講師、コーチング等、
コーチングサービスも増加傾向が見られています。

残念ながら、紙面の都合上、調査結果のすべてを
ご報告することはできません。調査結果につきましては、
協会WEB上および、本会報メールにおいて順次、
発表させていただく予定ですので、楽しみにしていて下さい。
最後になりましたが、今回、調査の内容から実施の広報に
いたるまで、協会内に設立しましたリサーチコミッティーの
10名のメンバーにボランティアでサポートしていただきました。
そのことに、改めて深い感謝をしたいと思います。

市毛智雄(日本コーチ協会理事)


本間正人のCoaching ABC

P: Paraphrase

「言い換え」のスキルは色々な場面で役に立ちます。

第一は「具体化の手段」として。
たとえば「パーティーを盛り上げたいんです」というクライアントに
対して「それは、参加者が多い、ということですか?」と
質問するような方法です。
「参加者が多いのも1つだけれど……うん、
みんなに新しい人と出逢って楽しんでほしいな」などと、
「盛り上がり」のイメージが具体化してきます。
もちろん「盛り上がったパーティーというのはどういう
イメージですか?」とオープン・クエスチョンを使うのも
オーソドックスなアプローチですが、あえてど真ん中の
ストライクを投げずに、ボール球で様子を見ると、
どこがストライクゾーンなのかがわかるという寸法です。

第二に「視点を変える手段」として。
「最近、クレームを言ってくるお客様が増えていて、
どうしようかと思っているんです」などという相談、多いですよね。
そんな時には「クレームを言ってくるお客様、というのは、
言い換えると、どんなお客様ですか?」といった
質問が効果的な場合があります。
クライアント
 「どんなお客様って、………うーん、
 品質にうるさいというか、クオリティには妥協しないお客様かしら」
コーチ
 「そうですよね。つまり、あなたのお店には、
 上質を求める固定客がついている、ということになりますね。」
「クレーム客が増えている」のは「解決しなければならない問題」
になりますが、「上質を求める固定客がついている」のならば
「活かすべきチャンス」がそこにあるということになります。
前者の認識の枠組みに立って、問題解決をサポートしていくのも
立派なコーチングですが、後者のようにチャンスを活かすには
どうしたら良いかを探求していくと、
さらに前向きなアイディアが生まれる場合があります。

第三に「選択肢を増やす」機能もあるでしょう。
「従業員の満足度を高めたいんだ」とおっしゃる経営者の方に
対してなら「満足度という言葉を使わなかったら、
どんな言い方になるでしょうね。」という問いかけが
機能するかもしれません。
クライアント
 「満足度を言い換えるとすると、うーーん、
 そうだなあ、やりがい、充実感、いきいきとした感じ、
 やったーという手ごたえ、かなあ。」
コーチ
 「では、たとえば、やったーという手ごたえを、
 従業員の方に感じてもらうために、そう、前回のセッションで
 話したA主任にやったーと感じてもらうために、
 社長として何ができるでしょう?」
第一に述べた「具体化」と重なるところも多いのですが、
「やりがい」「充実感」「いきいき」などのキーワードの1つ1つに、
社員一人ひとりをかけ合わ せていくことで、
より明確な行動の選択肢が増えていくと考えられます。
「言い換え」(paraphrase)の能力を高めるためには、
コーチの語彙力を伸ばすことが大切。ぜひ、本を読んでほしい。
幅広い読書が、コーチン グの幅を広げていくと思います。

本間正人(日本コーチ協会理事)



―◆ 事務局からのお知らせ ◆―

コーチを探している方はコーチ照会サービスをご利用ください。約60名のコーチのプロフィールをご覧いただけます。


<編集後記>
『Coaching2003』で、多くのコーチの方、コーチングに興味を
お持ちの方にお会いできて、大変刺激を受けました。
調査結果にもみられますように、コーチという職業や
コーチングの知名度の向上は、大会の会場でも十分に
感じることが出来ました。

来年もますますパワーアップして『Coaching2004』を
開催したいと思いますので、ぜひご参加ください。




日本コーチ協会チャプター情報
■札幌チャプター
月例会のお知らせ


日時
2003年11月30日(日) 13:00〜16:00
場所 中央区民センター 視聴覚教室
札幌市中央区南2西10
リーダー 宮崎順一氏(チャプター代表)
費用 札幌チャプター会員:1,000円
一般:3,000円
連絡先 北海道チャプター事務局
札幌市白石区東札幌2条6丁目5-1-609
TEL:(011)790-2980

■東京チャプター
メンタルヘルス・コーチング


講師
市毛 恵子氏:
日本臨床心理士認定協会認定 臨床心理士
生涯学習開発財団認定コーチ

日時
2003年11月21日(金) 19:00〜20:45
場所 BIZ セミナールーム Coco-de-sica
港区南青山2-24-15 青山タワービル13F
費用 東京チャプター会員:1,000円
一般:3,000円
申込先 http://www.coach-tokyo.org/html/service-annai.html
連絡先 apply@coach-tokyo.org

■神奈川チャプター
バランスセラピー学入門


講師
鈴木絢士:
(米カリフォルニア州政府認可特別専門大学、
バランスセラピー大学東京本校校長)

日時
2003年11月22日(土)18:00〜20:30
場所 神奈川県民センター会議室305号室
※横浜駅西口より徒歩7分
費用 神奈川チャプター会員:1,000円
一般:2,000円
申込先 イベント申し込みフォーム
FAX:044−739−3319(JCAK事務局)
住所・氏名・連絡先・会員番号(JCAK会員のみ)を明記の上、お申込みください。
問い合わせ先 planner@jcak.net
 (JCAK事務局企画チーム)

■広島チャプター
11月定例会


日時
2003年11月26日(水) 18:30〜21:00
場所 広島市まちづくり交流プラザ 研修室C
費用 広島チャプター会員:1,000円
一般:2,000円
内容 第1回コーチングアドバンス 〜聴くこと〜
連絡先 082-545-8858


 
メール受信の登録・解除及びメールアドレスの変更はこちらからお願いいたします。
(C)2000-2004 Japan Coach Association. All rights reserved.
お問い合わせ: info@coach.or.jp