JCA Coaching News
日本コーチ協会
2003年4月10日(月)
http://www.coach.or.jp



コーチを勇気づける調査活動

今から3年前の2000年に、日本で初めて、コーチ及びコーチングに関する調査を行いました。その時は、本格的なコーチの養成が始まって3年目を向かえ、テレビや新聞をはじめとするメディアでも、コーチの活躍やその成果について取り上げられ始めた頃でした。また、企業や自治体ではマネジャーを対象として、コーチングスキル研修が急速に取り入れられ、コーチの社会的認識が広まってきていました。

しかし、その一方で、「現在、日本にプロフェショナルなコーチが何人いるか」「平均的なコーチ料はいくらなのか」「コーチングって本当に有効なのか」など、コーチ及びコーチングに関する基礎的資料は乏しい状況でした。もし、その情報に加えて、「コーチングは役にたっているのか」「どんなテーマでコーチングしているのか」などの情報もあれば、今いるコーチやコーチを目指す人にとって、その情報自体が大きな「勇気づけ、励まし」になるのではないかと考えました。それが、この調査をスタートしたきっかけとなりました。

この調査は、今年で4年目に入ることになります。この調査の中でいつも感じているのは、本資料や調査結果が、必ず、コーチの社会的認識を高めるために価値あるものになるという思いです。また、先にも述べたように、本調査結果がコーチの皆さんに、今自身がやっているコーチングに対する大きな勇気づけになるような思いを込めて、調査に携わっています。

今回、日本コーチ協会内で、調査・研究の活動をより活性化させていきたいと考え、リサーチコミッティー(調査・研究委員会)を発足させることとしました。日本におけるコーチの社会的認識を深め、そして、コーチを支援していくことに興味のある方はぜひ、本活動のサポートをしていただきたいと思っております。


リサーチコミッティー(調査・研究委員会)のボランティア募集

「現在、日本にコーチは何人いるのか」
「コーチングって役に立つの?」
「コーチングの日本での需要はどうだろうか」などなど

現在の日本における「コーチ及びコーチング」の動向やその状態について、調査・研究していくコミッティーがリサーチコミッテイーです。調査や研究成果を通して、日本における、コーチングの啓蒙や社会的意義を広く伝えていくことを目的としています。

本年の活動は、調査事項の企画、実施、分析そして、その結果を、コーチ大会やマスコミで発表していくことを考えております。リサーチコミッティーの活動はボランティア(無償)で行います。月に一回程度のミーティングを事務局等(東京、半蔵門)で実施します。ただし、遠隔地の方でも、サポートしていただけることもあります。

詳細及び上記の趣旨及び活動に関心のある会員の方はご遠慮なく、日本コーチ協会の市毛あてにメール(ichige@coach.or.jp)でご連絡ください。こちらから、ご連絡いたします。

日本コーチ協会理事 市毛智雄

本間正人のCoaching ABC

I: integrity (全体性)

英語のコーチング用語で、日本語に訳しにくい言葉は色々ありますが、その中でも、一番、難しいのがこれでしょう。動詞のintegrateをEXCEED英和辞典で引くと、

━ vt. (各部分を)統合する ((into, with)); 完全にする, 完成する; (温度・面積などの)総和を示す; 【数】積分する;(会の一員として)活動に参加する[させる], 差別待遇を廃止する

など色々な意味が出てきます。コンピュータの世界で、それまでばらばらばらだった様々な系統を統合することを「システム・インテグレーション」と言いますね。また、数学で積分記号(・)を「インテグラル」と読みますが、あれもintegrateの派生語です。そして、名詞のintegrity をEXCEED英和辞典で引くと

━ n. 正直, 清廉潔白, 剛毅(き); 完全, 全一性; 【コンピュータ】完全性, 整合性; 元のまま(の状態)

となっています。つまり「まとまって一つのかたまりになっていること」から派生して、価値観や生き方について一貫している状態をさすわけです。ですから「正直」とも訳せますし、「まっとうさ(全うさ)」という訳語も良いのではないかと思っています。

コーチにとっては、自分自身の価値観に忠実にいると同時に、クライアントに対して最高のサポートを提供することを両立させていく必要があります。時には「あちら立てればこちらが立たず」という葛藤に陥ることもあるかもしれませんが、そんな時にこそ、自分のコーチと相談して、「なぜコーチングを選んでいるのか」という、自らの原点を確認することが大切だと思います。

本間正人(日本コーチ協会理事、PCC)
<編集後記>
毎年行なわれている調査において、リサーチコミッティーの一般公募は初めての試みです。コーチング調査から、日本のコーチング業界への貢献に携わってみませんか。皆様のご連絡をお待ちしています。




日本コーチ協会チャプター情報

茨城チャプター
『4月度研修会』


日時
4月19日(土) 14:00〜17:00まで
場所 県南生涯学習センター(土浦西口駅前)
内容 「コーチングスキル」をどう生かすか?
連絡先 松本光由 mtm@m-t-m.co.jp

福岡チャプター
『タイプ分け』


日時
4月26日(土) 13:00〜17:00
場所 ibb福岡ビル 6階会議室
福岡市中央区天神2-3-36
費用 会員 2,000円/非会員 3,000円
(テキスト代込み)
内容 タイプ分け
講師 牛島浩忠 氏
連絡先 事務局 古田 博美
furuta@aabie.net

広島チャプター
『行動を促すコミュニケーション』


日時
2003年4月12日(土)
13:30〜16:30 (受付開始 13:20〜)
場所 広島市まちづくり交流プラザ 研修室A
広島市中区袋町6-36
082-545-3911
費用 チャプター会員 1,500円
一般 3,000円
講師 犬山広之 氏
大塚和宏 氏
高野谷淳一 氏
野口嘉則 氏
連絡先 特定非営利活動法人 日本コーチ協会 広島チャプター事務局
JCA Hiroshima
FAX 082-532-6310
E-mail goldrunrun@do8.enjoy.ne.jp
URL http://www.biscuit.ne.jp/jca-h/

『大谷由里子流ビジネスコーチング』


日時
2003年5月23日(金)
18:30〜20:30
場所 3月下旬決定
費用 チャプター会員4,000円
一般 4,500円
(懇親会あり all 4,000円)
講師 大谷由里子 氏
連絡先 特定非営利活動法人 日本コーチ協会 広島チャプター事務局
JCA Hiroshima
FAX 082-532-6310
E-mail goldrunrun@do8.enjoy.ne.jp
URL http://www.biscuit.ne.jp/jca-h/

『元気を作る吉本流コーチング』


日時
2003年5月24日(土)
13:30〜16:30
場所 広島商工会議所
費用 チャプター会員3,000円
一般 3,500円
講師 大谷由里子 氏
連絡先 特定非営利活動法人 日本コーチ協会 広島チャプター事務局
JCA Hiroshima
FAX 082-532-6310
E-mail goldrunrun@do8.enjoy.ne.jp
URL http://www.biscuit.ne.jp/jca-h/
2003年5月23日・24日 両日ご参加の方には特典つき!
両日ご参加セット価格
チャプター会員 6,000円/一般 7,000円
参加費は振込みになります。振込完了を持ちまして受付完了とさせていただきます。詳しくは広島チャプター事務局まで
goldrunrun@do8.enjoy.ne.jp


アンケートにご協力下さい
質問1:今回のJCAコーチングニュースは役に立ちましたか?
  はい
どちらともいえない
いいえ

質問2:その他意見がございましたらご自由にどうぞ。
 
メール受信の登録・解除及びメールアドレスの変更はこちらからお願いいたします。
(C)2000-2004 Japan Coach Association. All rights reserved.
お問い合わせ: info@coach.or.jp