JCA Coaching News
日本コーチ協会
2003年3月10日(月)
http://www.coach.or.jp



認定について 
認定コーチ・トレーニング・プログラムとは

コーチの認定制度としてどのようなものがあるのか、という質問を多くの方から受けます。当然、コーチとして活動する上で、社会的認知を築くのは重要なことであり、第三者によって、その能力や資質を客観的に測る制度や組織の存在は必要です。世界的にその役割をになっているのが、国際コーチ連盟(International Coach Federation 本部:アメリカ)の認定制度です。

認定制度には、個人を対象としたもの(プロフェッショナル認定コーチなど)と、トレーニング・プログラム(コーチ育成機関が提供するプログラム)を対象としたものがあります。プログラムを対象とした認定制度については、あまり紹介されていないので、今回取り上げてみたいと思います。

現在、ICFは17のプログラムを「認定コーチ・トレーニング・プログラム」として認可しています。そのうち、アメリカ以外では、日本のコーチ・トゥエンティワンをはじめ、フランスのInternational MOZAIKl'ecole du devenir、イギリスのInternational Teaching Seminarsの3機関の提供するプログラムが認定を受け、ヨーロッパではさらに多くのコーチ育成プログラムが認定される勢いです。

「認定コーチ・トレーニング・プログラム」として認定される、というのは、参加者としてそのカリキュラムを受け、修了すれば、国際コーチ連盟が定義するコーチとしてのコンピテンシーを満たす教育を受けたということを証明することを意味します。実際のところ、この認定を受けるには、厳しい条件をクリアする必要があり、
1. プログラムの哲学が、国際コーチ連盟の倫理規定に沿っている
2. 育成機関の最高責任者が認定マスターコーチである
3. トレ−ナー訓練コースがある
4. 生徒の学習履歴管理をしている
5. 生徒の能力を定期的に測定する制度がある
6. プログラム内容が初級から上級まで段階に沿って用意されている
など12の条件があります。

この条件を満たすには、専門学校等に匹敵するトレーニングカリキュラムを組む必要があり、スクールとしての生徒管理や、トレーナー育成が実現されている必要があります。その中で、毎年新たなるトレーニング・プログラムが認定されているということは、コーチングを教える需要が世界的に高まっている証拠であるといえるでしょう。特に欧米、中国、ロシアの動きには注目したいところです。

参考: Accredited Coach Training Programs

平野圭子(日本コーチ協会理事)


国際コーチ連盟 2003年大会のお知らせ
アメリカに本拠地がある国際コーチ連盟(ICF)は今年の11月にアメリカのコロラド州デンバーで恒例の大会を行います。大会は、毎年約2000人のコーチが世界各国から参加し、コーチングの最先端にいるトップクラスのコーチによるプログラムが行われます。

今年の大会のテーマは「優れたコーチのモデル−"Model of Excellence"」。トップ・コーチが何を提供し、どういうビジネスとライフスタイルを送っているかに焦点を当てます。


<国際コーチ連盟第8回大会>
日 時 2003年11月13日〜15日
場 所 アメリカ コロラド州デンバー
Adams Mark Hotels & Resort
参加費 ICF会員 499ドル/非会員 599ドル(食事込)
(3/31までお申込の場合)
※ 詳しくはこちらをご覧ください。


本間正人のCoaching ABC

H: hint

日本語の「ヒント」は、「問題を解くための助けになる情報」という意味で用いられますが、この意味の英語はclueとかkeyが対応します。英語のhintは「ほのめかす」というニュアンスの動詞として使われます。コーチング・セッションで、クライアントの気持ちや思いを、直接、質問によって聞きただすことも大切ですが、コーチが感じたことを、それとなくほのめかすことにより、クライアントの心情や意図を確認するテクニックも効果的な場合があります。

たとえば
「・・・っていうのは、〜ていうことですか?」
「今、聴いていて、〜な風に感じたんですけど、どうですか?」
「だったら、こういうやり方もあるかもね」
といった柔らかい言い回しを使って、探りを入れたり、アドバイスをしたりする方法です。

コーチングを勉強しはじめの方が、「クライアントに質問しなければならない」と強く意識しすぎて、日本語の日常会話ではめったに使わないような不自然な質問文を多用するケースを時々、見受けます。直球勝負ばかりでなく、変化球を交えることで、クライアントの本音を引き出したり、行動をサポートする方法もあるのです。

本間正人(日本コーチ協会理事、PCC)
<編集後記>
コーチという新しい職業に対して、海外でもその質、信用の維持の為に倫理規定や厳しい認定制度が設けられています。日本国内でも、コーチの社会的認知と、信頼性を得るべく、正しいコーチングの普及に尽力していきたいと思います。




日本コーチ協会チャプター情報
神奈川チャプター
『結婚・恋愛コーチへの道』
〜神職の資格を持つ心理カウンセラー、マーチン氏トークライブ〜



日時
2003年3月29日(土)
18:30〜20:30
会場 神奈川県民センター会議室(304号)
費用 1,000円(会員)
2,000円(非会員)
内容
恋愛相談の実態
恋愛に悩む女性を導くコミュニケーションの方法
ビジネスとして成立させるまでの道程と、ホームページ、メルマガ活用法
連絡先 申し込みメール (JCAK事務局)
coach-k2@clubaa.com
詳細 日本コーチ協会神奈川チャプターホームページ
http://www.jcak.net/

福岡チャプター
『質問のスキル』



日時
2003年3月23日(日)
場所 ibb福岡ビル 6階会議室
費用 支部会員 1,000円
一般 2,000円
内容 質問のスキル
講師:内藤素子(生涯学習開発財団認定コーチ)
連絡先 事務局 古田博美
furuta@aabie.net

広島チャプター
『行動を促すコミュニケーション』



日時
2003年4月12日(土)
13:30〜16:30 (受付開始 13:20〜)
場所 広島市まちづくり交流プラザ 研修室A
広島市中区袋町6-36
082-545-3911
費用 チャプター会員 1,500円
一般 3,000円
講師 犬山広之 氏
大塚和宏 氏
高野谷淳一 氏
野口嘉則 氏
連絡先 特定非営利活動法人 日本コーチ協会 広島チャプター事務局
JCA Hiroshima
FAX 082-532-6310
E-mail goldrunrun@do8.enjoy.ne.jp
URL http://www.biscuit.ne.jp/jca-h/

『大谷由里子流ビジネスコーチング』


日時
2003年5月23日(金)
18:30〜20:30
場所 3月下旬決定
費用 チャプター会員4,000円
一般 4,500円
(懇親会あり all 4,000円)
講師 大谷由里子 氏
連絡先 特定非営利活動法人 日本コーチ協会 広島チャプター事務局
JCA Hiroshima
FAX 082-532-6310
E-mail goldrunrun@do8.enjoy.ne.jp
URL http://www.biscuit.ne.jp/jca-h/

『元気を作る吉本流コーチング』


日時
2003年5月24日(土)
13:30〜16:30
場所 広島商工会議所
費用 チャプター会員3,000円
一般 3,500円
講師 大谷由里子 氏
連絡先 特定非営利活動法人 日本コーチ協会 広島チャプター事務局
JCA Hiroshima
FAX 082-532-6310
E-mail goldrunrun@do8.enjoy.ne.jp
URL http://www.biscuit.ne.jp/jca-h/
2003年5月23日・24日 両日ご参加の方には特典つき!
両日ご参加セット価格
チャプター会員 6,000円/一般 7,000円
参加費は振込みになります。振込完了を持ちまして受付完了とさせていただきます。詳しくは広島チャプター事務局まで
goldrunrun@do8.enjoy.ne.jp


アンケートにご協力下さい
質問1:今回のJCAコーチングニュースは役に立ちましたか?
  はい
どちらともいえない
いいえ

質問2:その他意見がございましたらご自由にどうぞ。
 
メール受信の登録・解除及びメールアドレスの変更はこちらからお願いいたします。
(C)2000-2004 Japan Coach Association. All rights reserved.
お問い合わせ: info@coach.or.jp